社会人から看護師になるには

社会人から看護師を目指す方を応援します
 
 

■仕事の辛い点

天使

看護師の仕事には魅力を感じているけれど、実際には辛い仕事とも言われています。 看護師の仕事で一番必要となるのは、体力です。

その理由は、勤務時間中のほとんどは立ちっぱなしで、走り回っている状態です。 足のむくみや疲労感などかなり溜まってくるのではないでしょうか。 患者のお世話ともなると、自分よりも重い人の体を動かし1人で行わなくてはいけない時もあるそうです。


看護師の勤務体制は、24時間制度でシフトを組んでいます。 そのため、人数もギリギリで回しているため夜勤の次の日に日勤というパターンも当たり前のようで、体への負担は大きく掛かってくる職業なのです。 多少の体調不良では休むこともできず、少しぐらいの風邪程度ならほとんど出勤しています。 どうしても休まなくてはいけないような場合は、有給を使って休んでいるそうです。

何よりも看護師には人の命を預かるという責任があります。看護師の判断ミスや見逃しなど、 患者の命を左右することもあるので常に気を貼っていなくてはいけないのです。そのため、どんなに疲れていても、体調が悪かったとしても、 ミスをすることは許されません。いつでも責任は重く、緊張感の必要な仕事なのです。

そして、精神面での辛いこともあると思います。最近では男性看護師も増えてきましたが、女性社会なので人間関係やトラブル派閥などはよくあることです。 上手くいかない上司やパートナーがいると、どうしてもストレスが溜まってしまい、退職の原因になってしまうこともあるそうです。 我慢にも限界はあると思うので、職場の人間関係には注意しておきましょう。

 

 

ホームへ戻る

 

(C) Copyright 社会人から看護師になるには All rights reserved.