社会人から看護師になるには

社会人から看護師を目指す方を応援します
 
 

■社会人入試について

看護師になりたいという夢を持ち続けていて、一度社会に出てから看護師を目指そうという方も多いそうです。 一度社会に出てから看護師になるためには、どんなことをすればいいのか、何かデメリットな点はあるのか、 社会人からでも看護師になれるのかなど、不安なことや心配なこともあると思います。

入試

結論からいうと、社会人から看護師になることはできます。一度社会人を経験してるからこそできることもあります。 しかし、看護師になるためには国家資格である看護師免許を取得しなければなりません。そのためには、養成期間が必要となってきます。

看護専門学校で3年、看護大学で4年となっていて、どちらも社会人から入学することができます。その中に社会人入試を行っている学校もあるそうです。

社会人入試というのは、看護専門学校や看護大学で社会人を対象とし入試をして、看護学校に社会人のみ枠があるということです。 社会人枠がある学校へ入ることができれば、若い同級生だけではなく自分と同じ社会を経験している同級生もいることから気も楽になりそうです。

社会人入試内内容は学校によっても異なりますが、一般教養、面接、小論文などで学科試験はあまりないようです。 受験資格としては、高卒以上の学歴、就労経験を問うもの、何歳未満など年齢問うもの、合格した場合に入学することを確約できる方等のようなことが多いそうです。

看護学校の社会人入試の倍率ですが、かなり高いそうです。
実際に行っている学校が少ないということもありますが、実施している学校でも募集人数が非常に少なく、その枠を目指して社会人が受験をするので倍率は高いと言えます。 低い学校で5倍くらい、高くなると20倍にもなるそうです。

 

ホームへ戻る

 

(C) Copyright 社会人から看護師になるには All rights reserved.