社会人から看護師になるには

社会人から看護師を目指す方を応援します
 
 

■社会人から看護師になって後悔したこと

一度社会人になってから看護師を目指し、現場で働いている方も多いそうです。 しかし、看護の世界は楽とは言えません。社会人から看護師になって後悔したことはどんなことでしょうか。

まずは、看護師になるための資格を取得するために看護専門学校や看護大学などへ通わなくてはなりません。 そこで、自分よりも若い年代の人たちと机を並べもう一度勉強をするということに後悔をされた人もいるそうです。 しかし、勉強などはやる気があれば十分できるものです。

後悔

子どもの頃からの夢で、もう一度看護の道へ進むことができても、責任感の重さや女性社会という職場でもありストレスは溜まってしまうそうです。

責任の重さは、看護師だからではなくどの職場でも同じ様に考えられます。 とくに看護師の責任というものは、命と直面していることもありミスは許されることではありませんので、いつでも気を貼っていなくてはいけない状態でしょう。


最近では男性の看護師も増えてきましたが、OLとは違い上司も部下もほとんどが女性です。 女性の職場ともなると、気の合わない人がいたりして嫌な雰囲気になることもよくあり、失敗したと言う声もよく聞きます。

やはり一番厳しいことは、体力的な面ではないでしょうか。 看護師は休む時間もほとんどなく一日中走り回り、24時間体制でシフトが組まれていることろがほとんどです。 一度社会を知っている方にしてみれば、厳しく大変なのは現実であり後悔したと思ってしまうかもしれませんが、 やりがいのある看護師であるからこそ続けていけるのではないでしょうか。

 

ホームへ戻る

 

(C) Copyright 社会人から看護師になるには All rights reserved.