社会人から看護師になるには

社会人から看護師を目指す方を応援します
 
 

■何歳でも看護師になれる?

天使

看護師という職業は何歳でもなることができるのでしょうか。 高校を卒業して、すぐに看護専門学校や看護大学に入学される方もいますが、他の道を進んでいたけれどと途中で看護の道に切り替えた方、 一度社会人となってから看護の道を目指すといった方もいらっしゃると思います。人それぞれ人生は違い、歩む道も違います。

看護師になるためにも専門学校や看護大学など幅広い年齢層の人がいますが、何歳まで入学することができるのか、 また卒業後は何歳まで就職できるのか気になる点でもあります。

看護師だからといって、他の職業とはとくに変わりなく年齢に制限や限界はありません。50代で看護学校に入学することもできますし、 看護師としてしっかり働くこともできます。しかし、ここで重要となってくることがあります。 看護師になるために専門学校や看護大学を卒業した後、自分がどのようにしてその資格を活かしていきたいかということです。

看護師として現場に出て働きたいのか、看護学を学問として修めておきたいのか、指導員として働いていきたいのか、 または資格として看護師国家資格を取得しておきたいという方もいます。年齢によってある程度の制限や限度もあるので、目的を考えておくといいでしょう。

看護師は比較的安定している職業ではあり、とても人手不足なた為人募集も多いです。 そのため、看護師資格取得が多少遅かったとしても就職で不利になることはあまりないでしょう。 40〜50歳の方が看護師として初めて現場で働く方も少なくありません。 しかし、実際には40〜50歳の人を新人として教育することの難しさや、働ける年数を考えると、難しいことは事実です。

自分の意思で看護師として働きたいと決め、看護の世界への足を踏み入れて来れたわけなので、十分にやりがいを感じることはできると思います。

ホームへ戻る

 

(C) Copyright 社会人から看護師になるには All rights reserved.